昭和シリーズ

化粧水 ─ 昭和の美容水 和(なごみ)

コメヌカエキスを含む昭和仕込みの蒸留化粧水

昭和50年から平成にかけて蒸留化粧水の研究を進め、様々な製品からの抽出採取を行いました。
昭和の美容水 和(なごみ)は化粧水「明」から抽出採取したものでその先駆けとも言える製品です。
長期貯蔵によりまろやかさが増し、コメヌカエキスを含むためしっとりとした使用感が特長です。
主に普通肌の方のお肌のコンディションを整える化粧水としてお使いください。
※米ぬかに反応される方、お肌の弱い方は美容水(いぶき)をお奨めいたします

長期貯蔵化粧水 ─ 昭和の美容水 和(なごみ)
昭和の美容水 和(なごみ)

昭和の美容水 和(なごみ)

80ml
2,500円(税別)

E-Mailからのご注文はこちらから

全成分 天然成分100%

水・コメヌカエキス・甘草エキス・オウバクエキス・ドクダミエキス・ケツメイシエキス・トウキエキス

米ぬか甘草オウバクドクダミケツメイシトウキ

基本のお手入れ方法

洗顔後「和(なごみ)」を3〜4滴とり、お肌を包み込むようにやさしくなでこんでください。 2〜4回繰り返しお肌のコンデイションを整えてください。
次に化粧水「潤々」「」「明潤」いずれかをやさしくなでこむとスゥーと馴染み潤い肌に整います。
次に活肌美容液「幽玄麗」1〜2滴をとり「和(なごみ)」で少しゆるめてなでこみ活肌します。
」または「紫草クリーム」を手のひらに小豆粒くらいの量をとり「和(なごみ)」を1〜2滴加えて練り合わせお肌にやさしくなでこんでください。
最後の仕上げに化粧水「潤々」「」「明潤」いずれかをやさしくなでこんでください。さっぱりした感じでしかもしなやかなお肌に整います。

「和(なごみ)」・健康法の使い方

洗顔後「和(なごみ)」を手のひらに3〜4滴とり、お顔を包み込むようにやさしくなでこんでください。同様に3〜5回ゆっくり繰り返して潤い肌に整えてください。
」または「紫草クリーム」を手のひらのくぼいところに小豆粒くらいとり、人肌の温もりでやわらかく練り合わせてお顔にやさしくなでこみます。
両手のひらを丸くしてお顔を包みこみ大きな息を気長に吐きながら〜吸いながらを繰り返すことで息(イキ)が活(イキ)となり心・身・肌が癒されます。
再度「和(なごみ)」3〜4滴をお肌になでこみ、お肌をさすりながら手のひらの(波動)で活力を高めてください。

ご注意
「昭和の美容水 和(なごみ)」には合成防腐剤などー切入っていませんので容器の口に触れないよう清潔にお使いください。

「和(なごみ)」誕生物語

昭和50年から平成にかけて、お肌の弱い方に向けて 日本伝統の蒸留化粧水の研究を進め、様々な製品の煎液からその抽出採取を試みました。
その後「明」「ローション」の2点にしぼり肌に問題のある色々なタイプの方の肌テストを繰り返した結果、平成16年に「ローション」の煎液から抽出採取した低刺激の「ニッポンの手造り美容水(いぶき)」を先行発売いたしました。
「明」の煎液から抽出採取した蒸留化粧水は蔵入りとなりましたが、この度昭和シリーズのアイテムとして蔵出しいたしました。長期貯蔵によりやさしい香りとまろやかさが醸成され、また、コメヌカエキスを含むしっとりとした使用感が心地良くお肌に馴染むことから「昭和の美容水 和(なごみ)」と命名いたしました。
自然な柔肌へと整える主に普通肌の方のコンデイショニング美容水としてお使いください。
※お肌の敏感な方は「ニッポンの手造り美容水(いぶき)」をお奨めいたします。
創立50周年記念 「昭和シリーズ」天恵の自然美容料。〜遥かな時を経て受け継がれる、古式豊かな自然品質

この商品とあわせて購入するなら、こちらがおすすめです。

脂性肌用化粧水 ─ 昭和の化粧水 清(さやか)

脂性肌用化粧水
昭和の化粧水 清(さやか)

長期熟成ヤナギエキスを新たにブレンドした脂性肌用化粧水

潤肌化粧水 ニッポンの手造り化粧水(明)

潤肌化粧水
ニッポンの手造り化粧水(明)

厳選した草根木皮を丸ごと煎じた煎液を、天然酒精とあわせて20年近く(15年余り)熟成させた化粧水

ほかの商品と一緒に、気軽に試してみたい方はこちら。

トライアルセット

トライアルセット

「敏感・乾燥肌系4アイテム」「普通肌系5アイテム」「ニキビ予防ライン5アイテム」の3タイプをご用意。漢萌美容料を気軽にラインで試してみたい方へ。

ページの先頭へ戻る

ご注文はこちらから

ショッピングガイド 美容料一覧 E-Mailからのご注文はこちらから